saitodojo-2016-04-03T23_56_06-2.jpg

2020年06月19日

さあ練習再開ですよ!





札幌斉藤道場の皆さん、20日(土)から元町南教室で練習が始まります。

4か月近い期間、自分と向き合って自主練習していたと思いますが、いよいよその成果を存分に発揮できますね!

僕も、君たちの成長ぶりを見るのが楽しみです。

 

児童会館使用にあたり、新型コロナウィルス感染防止のために守っていただくことがあります。

〇体育館、水飲み場、トイレ以外は使用できないので自分で空手着に着替えられない人は家で準備をしてきてください。

〇マスクを用意してきてください。

〇熱や咳、その他体調の悪いときは無理をせずに休んでください。

〇手洗い、消毒、うがい等は日常の習慣としてこまめに行ってください。

〇しばらくの間、向き合っての練習(打ち込み・組手)は行いません。練習時間は1時間半とします。

〇送迎の保護者の方は玄関までの入館となります。それより中へ入ることはできないのでご理解ください。

 

その他については練習の時に説明しますが、何度も同じことを言われないようにして練習の成果を上げましょう。

では皆さん、練習でお会いするのを楽しみにしています。

 

押忍   斉藤栄吉

 
posted by 斉藤道場 at 14:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年05月08日

超大型連休








連休明けには皆さんと再会できると思っていましたが、さらに超大型の連休が始まってしまいました。

新型コロナウィルスの感染者数が一向に減らない日々の状況を見ていると、こうなるかもしれないというある程度の予測はありました。

これまで、世界中の誰も経験したことがないようなことが、今起こっています。

子供から大人まで、見えない敵との戦いの中でやり場のないたくさんの不安を抱え、多くのことが制限されるこの不自由な生活・・・。

今まで何も感じていなかった、当たり前で普通の自由な生活がつくづくありがたいと思いますね。

学校に行って勉強をしたい、先生や友達に会いたい、そして一緒に遊びたい、思いはたくさんあるはずです。

一生懸命勉強して志望校に合格したのに、学校に行けない高校生や大学生。

アルバイトや仕事をしたくてもできない人達。

夜もほとんど寝ないで身の危険を冒してまでも頑張っているのに、心無い中傷を受けている医療関係や介護関係の方々、本当にお疲れ様!

 

しかし皆さん、この状況がいつまでも続くわけではありません。

必ず終息します。

その時にすぐ対応できるように、しっかりと準備をしておきましょう。

学校生活、スポーツ活動、空手の練習、それぞれの目的に沿って、通常の生活が再開されたとき、戸惑うことのないように準備しておきましょう。

今の自分にとって何が必要なのか、それぞれのレベルの中で考えるいい機会だと思います。

失われた貴重な時間は取り戻せないかもしれないけれど、新しい未来はあります。

そして皆さんには、あふれるほどの可能性と能力があるはずです。

新たな目標と希望をもって頑張りましょう!

(低学年でよく理解できない人は、ご家族で話し合ってください。)

 

押忍   斉藤栄吉

 

 

 
posted by 斉藤道場 at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年04月26日

鶯の初声








今日は朝から雨が降っているので、自転車は無理かなと思いながらパソコンに向かっています。

自転車で出かける前はまずネットで気温、風向き、風力をチェックしてその日のコースを決め出発しますが、

帰りは楽だなと思いながら5mの北風に向かってひたすらペダルを漕いでいたのに、帰り道は強い南風に変わってしまったり、

ある時は途中で霰(あられ)が降り出し、さらにそれが雨に変わってびしょぬれになった(寒い・冷たい)こともあります。(4月9日)

まるで人生のようだなと思いながら毎日違う景色と空気を楽しんでいますが、4月19日に鶯の初声を聞いた時は思わず「お、いいね!」と声が出ました。

 

さて、コロナウィルスがなかなか終息しない状況で、皆さんもいろんな制約を受けながらの生活大変だと思います。

そんな中、オリンピックの代表に決まっている選手やプロのアスリート(運動選手)達から様々な情報が発信されているようです。

限られた空間でトレーニングに取り組む姿や方法を紹介していますが、多くの選手から感じられるのはこの期間に「けがを治したり、

自分の欠点を見つけ出して修正し、長所を伸ばしてさらに大きく成長しよう」という前向きな姿勢です。 好感が持てますねー!

競技種類より方法の違いや、トップアスリートとのレベルの差は当然ながらありますが、意欲を持ち実践することによってそれぞれが変わることはできます。

何らかの意欲を持ち、疑問を持つことから今の自分にとって何が必要なのか?と、見えてくるものもあります。

少し長くなりましたが、ご家族で共通意識を持って取り組んでいただければ幸いです。

ではまたお会いしましょう。

 

押忍   斉藤栄吉

 

 

 

 

 

 

 
posted by 斉藤道場 at 15:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記