2017年04月18日

監督・コーチ資格講習会

こんにちわ。
4/16(日)、栗山町の斉藤道場本部道場にて
空知地区空手道連盟主催の小・中学生大会の監督・コーチ資格講習会がありました。
2017.4/1よりJKF競技規定の変更がありまして。
先取(SENSHU)の導入や、「あとしばらく」が15秒に変更、失格・減点・反則・禁止行為、主審の権限など、
以前の競技規定と照らし合わせながら変更事項を詳しく説明して教えていただきました。
監督・コーチの役割についても
色々な例をあげて分かりやすく教えていただきましたよ。
そして、
【礼について】を再認識。
空手道(武道)に於ける礼とは、相手(すべてのもの)に対する感謝と尊敬の気持ちを表す行為であって正しい作法に基づいておこなわれなければならない、と。
決して雑になってはいけない大事な事ですね。

講習を受けた後は、組手試合を通して監督、コーチ、副審などコート役員を実践してみましたよ。
ルール違反に気付き対処できるのか!?
試合のさまたげになる行為をしていないか!?
いつのまにか興奮してついつい叫びそうになりますが、ガマンガマンです。
罵声や野次、喧嘩はいけませんよー××
斉藤先生は思わず叫んでペナルティーもらいそうになってました〜(^o^)

先取の導入によって、選手の皆さんも試合のくみたて方を考えて試合をすすめる事も大事になってきますね。

選手は反応よく、準備や動きはサササッと。
そして気合いは、でっかく

監督・コーチは役割をしっかり理解してその責任を果たし、選手が気持ちよくそして力を存分に発揮出来できるようにしたいですね(^^)




札幌斉藤道場父母会より


posted by 斉藤道場 at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記